他社取扱い一覧

ドイツ自然塗料 Planet Color

クライデツァイト社の自然塗料は常にトップクラスの評価を得ており、5つの点が魅力です。

①安全であること(成分完全表示、ドイツのエコテストマガジンでも証明)、②高い耐候性(鉱物顔料の割合が多く色褪せが少ない)、③作業性(乾燥が早く、通常1回塗り)、④低価格(少量で広い面積が塗れ、通常1回仕上げのため経済的)、⑤環境に優しい(製造方法は全てのプロセスで環境に配慮し、アレルギー対策として天然溶剤を取り除いたNSシリーズを揃えるほど徹底)。原材料は厳選された数種類の天然素材で構成されます。

クライデツァイト社とプラネットジャパン社の共同開発であり、全てが日本向けに開発され、カラーも46色と豊富な日本仕様です。

ドイツ本漆喰 Planet Wall

クライデツァイト社ドイツ本漆喰プラネットウォールは、厳選された数種類の天然素材のみで構成されており、成分は完全表示しています。左官材はコテ仕上の本漆喰からローラー仕上のコストパフォーマンスに優れた商品まであります。下地にコバウ(ドイツ製紙下地)を使用することで、クラックを防ぎます。フラット仕上は、コスト性に優れるフェザーフィール、クイックアンドイージー。コテ仕上本漆喰はマーブルフィール、カルクフィール。意匠性は磨きのスタッコフィール、カルクフィールを使用したガラス玉の洗出しやマーブルフィールを使用した雲母、ワラビニ、バーミキュライトがアクセントで非常に好評です。

ガラス玉全7色

雲母(大小2種)

ワラビニ

バーミキュライト

フランス漆喰壁 senideco

デコプロヴァンスの印象深い色合いは、セニデコ社しか表現できない空間を演出します。仕上げに蜜蝋ワックスを塗ることで、撥水性が生まれ、水拭きが出来ます。蜜蝋ワックスが表面を保護するので擦れたり粉落ちがなく、水回りにもお勧めです。またメンテナンスが非常に簡単に出来ます。デコ・プロヴァンスの他にもアバナ、セニピエール、スタッコアラショー、セニベトンなどの意匠性は大変素晴らしく、お部屋のアクセントととしてご利用頂くと効果的です。特にアバナは光沢のある仕上がりで、アクセントととして優れ、洋室はもちろんのこと、和室を飾る一面として使用することも出来ます。

ー デコプロヴァンス -

乳白色の蜜ろうワックスに着色して、濃淡の表情を作り、南フランス独特の雰囲気を演出します。蜜ろうで保護することで、擦れや汚れから壁を守り、水拭きができメンテナンスが簡単です。

ー アバナ -

3分艶のテラコッタ調の雰囲気を作ります。同じ磨きイタリア磨ぎとは異なる重厚感のある雰囲気です。アクセント壁として非常に有効に使用できます。

ー セニピエール -

石灰、大理石、セメントそして樹脂を混入し、厚さ5-8mmで本格的な石調やタイル調をフリーデザインで表現できます。サンダーで焼き色を付けることで、塗装とは違うより本物にちかい重厚感のある仕上がりになります。

ー スタッコアラショー -

大理石調仕上げのイタリア磨き漆喰で、光沢の仕上げが特徴です。

ー セニベトン/ハイブリッド -

樹脂を混ぜ合わせることで、薄塗りでモルタルを施工したかのような仕上げになります。テーブル天板、浴室、洗面天板、床など、日本のみならず、ヨーロッパ、アジア圏でもこのような仕上げが人気です。

セニベトン:3mm厚仕上げの材料、ハイブリットより骨材が大きいため、重厚感のある本格的仕上がりになります。

ハイブリッド:1-2mm仕上げの薄塗りタイプです。

ー セニカベ -

石灰モルタルの漆喰です。目地材を使用した段差のある仕上げもできる材料です。

北海道産珪藻土 MPパウダー

ー メソポア -

「吸う・吐く」という呼吸の動作をする珪藻土は、北海道で採掘されるものに限られます。それらは細孔の大きさによって異なり、「メソポア」の大きさを持つ細孔だけが「吸う・吐く」という呼吸をすることができます。

ー マクロポア -

一般的な珪藻土とは秋田、石川、大分、外国産(多くは米国)で呼吸は平衡または「吐く側」が強い傾向があり、いわゆる呼吸ができないため、各社ともゼオライトを混入することで、「吸う力」を補っているのがほとんどです。

ー ミクロポア - 

ゼオライトは備長炭と同じ細孔の大きさを持ち、「吸う力」は強く、「吐く力」が弱いため、湿気を溜め込み易く、飽和状態になりやすいです。

ー 珪藻土を選ぶ3つのポイント -

1.何で固めているか? 樹脂>セメント>石灰順で珪藻土の呼吸の妨げになります。

2.産地はどこか? 吸放湿といういわゆる呼吸をできる珪藻土の産地は限られています。

3.珪藻土の含有率はどれくらいか? 多ければ多いほど調湿機能は高くなります。

ー MPパウダーの特徴 -

従来の珪藻土は固まらないため、樹脂、セメント、石灰などで固化させていましたが、どれも珪藻土の呼吸を十分に発揮できるものではありませんでした。しかし、MPパウダーは特殊な粉砕技術で、珪藻土の粒子同士が絡み合うような形状を可能にしたことで、珪藻土の含入率最大80%を可能にしました。OEM では珪藻土含有率90%の製品もあります。MPパウダーの興味深い点は、珪藻土の含有率が多い程、強度が強くなるという点です。これも異物を少なくすることで珪藻土同士が強固に絡み合うためです。

アメリカ土壁 american clay

アメリカンクレイはサンタフェスタイルやネイティブアメリカンの地で有名なニューメキシコ州のアースプラスター(天然の土)から成る100%天然素材の土塗壁材です。天然土、骨材、天然着色料の独自の配合により、豊富なカラーと質感が生まれます。あたたかみのある美しい仕上がりはアメリカンクレイならではです。

仕上げ材の「ロマ」は、やわらかでなめらかな仕上がりで、光沢のないマットな質感。「ポアセリナ」は、つるつるした質感で、硬くツヤのある仕上がり。「エンハリ」は、骨材が粗めで、ざらっとした質感が特徴です。

イタリア漆喰 sanmarco

ー マルモリーノクラシコ -

天然鉱物の消石灰を主原料とした、きめが細かく滑らかなイタリアン漆喰のスタンダード。イタリア宮殿に代表される、艶と気品を備えた大理石のようなベネチアン磨き仕上げから、南イタリアの青く澄んだ空や地中海に映える純白で素材感のある外壁にも使える凡庸性の高い材料です。


ー カドーロ -

シルクの様な滑らかなで艶のある表情が特徴です。敢えてコテで塗ることにより生じる不均一さが、塗料では考えられない奥行きを演出します。シルバーアルミニウム、スレート、ブロンズ、ガンメタなど6色をベース色として、お好きな色合いを表現できます。



ー マルコポーロラグジュアリー -

メタリック塗料と砂粒子により高級感のある贅沢な空間を演出します。色や砂粒子の表情で天然石や砂漠、月面、錆びた金属など様々表現が可能です。シルバーアルミニウム、スレート、ブロンズの3色をベース色として、お好きな色合いを表現できます。

ー アクリシルデコラ -

輝きのある結晶を練り込み、他では表現できない優美で高級感のある御影石や天然石の表現を生み出します。アクリル樹脂を主原料としており、高耐クラック性、高撥水性、高透湿性を持ち、カビや藻の発生を防ぎます。


ー マイアート -

濃紺や青紫など目線により色の変化が楽しめ、唯一無二の美しさは商業施設だけではなく、住まいにも優美をもたらします。銀のラメがアクセントとなり壁に星空や宇宙を創りだします。